葬儀業者が行っているサービス

大阪など全国各地に葬儀業者がいます。葬儀業者というと、ただ粛々と葬儀を行っているだけというイメージがありますが、実は葬儀業者は家族葬や一般葬など様々な葬儀スタイルに合わせて準備や相談に応じたり、またご家族のご希望に応えられるようにいろんなサービスを行ったりしています。例えば、生前亡くなった人が好きだった曲を流して見送りたいという方向けにお見送りの際どのような曲を流すか決めることができるサービスを行っている業者もあります。このように遺族の願いに応じて葬儀業者が様々なサービスを行っています。

人気の葬儀スタイルTOP3

葬儀場
no.1

一般葬や本葬という葬儀スタイル

では、今現在どのような葬儀スタイルが人気があるのでしょうか。一番よく見られる葬儀のスタイルは一般葬や本葬と呼ばれる一般的なスタイルの葬式です。この葬儀が選ばれる理由は単にどのように葬儀を行うのかあらかじめ亡くなった人が指定していなかったというのがほとんどです。

no.2

家族葬という葬儀スタイル

2番目に人気が高い葬儀は近親者のみで行われる家族葬です。亡くなった人の近親者だけで葬儀を行うので訪れた弔問客に遺族が気を使うことがなく、葬儀の費用を抑えられるというという理由から選ばれることが多いようです。

no.3

生前葬という葬儀スタイル

3番目に人気があるのが生前葬という自分が生きているうちに行う葬儀スタイルです。少子高齢化によって自分が死んだ後に葬儀を行ってくれる人がいない人が増えてきたことからこのような葬儀スタイルの数が増えています。

一般的な葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れは、まず葬儀の参加者が着席した後、葬儀を執り行う僧侶が入場し読経を行います。読経を行っている間参加者は焼香を行います。読経が終わり、僧侶が退場した後、葬儀に参加できなかった人から送られた弔電が読まれた後、亡くなった人が安置されている棺を火葬場に運ぶために出棺を行い、葬儀は終了します。

お通夜と葬儀の違いとは?

葬儀の場合戒名が送られるのが葬儀

葬儀とお通夜の違いは、行う意義が違うのが特徴です。葬儀は、基本的にこの世からあの世へと渡らせる通貨儀式の事で、この時に受戒と呼ばれる故人に仏弟子としての戒名が送られる儀式と引導という儀式が行われます。

通夜は亡くなった人に邪霊を防ぐ儀式

一方、お通夜は本来は死体に邪霊が入り込まないように夜を徹して近親者や故人と親しかった友人が終夜死者とともに過ごす儀式の事でした。しかし、現在では葬儀当日に参加できない人のためのお別れの場となっており、通夜も一時間程度と短い半通夜が主流になっています。

埼玉で葬儀が希望価格でできる!

葬儀業者を選んでしっかりと故人にお別れを告げよう

合掌

失敗しない葬儀業者の選び方

現在では病院で亡くなる方が多いのですがその病院から紹介される葬儀社が良い葬儀社とは限りません。葬儀業者の失敗しない選び方はどんな葬儀をしたいのか考えることです。葬儀業者によって得意な葬儀方法が異なります。自分の行いたい葬儀を行ってくれる業者を選ぶと失敗が少なくなります。また、質問に丁寧に答えてくれたり、希望を聞いたうえで希望に沿った提案してくれる葬儀業者の場合いい葬儀会社が多いので、そのような口コミが多い業者を選ぶようにしましょう。

川越で葬儀を執り行なおう

家族葬なら大阪にある専門会社に相談しよう! 東京で葬儀をあげるという方におすすめ☆ 

広告募集中