HOME>コンテンツ>注目が集まる葬儀のスタイル【家族葬の特徴をチェック】

注目が集まる葬儀のスタイル【家族葬の特徴をチェック】

数珠

家族葬とは

最近増えてきた葬儀の形態に家族葬があります。家族葬が一般的な葬儀と異なる点は、葬儀の参列者を家族が決めることができるという点ですね。参列者の人数が事前に把握できるので、料理や会葬返礼品の数に迷わずにすみますね。料理のロスがない他、葬儀に関係する様々な予定が立てやすいですね。故人の親しい人だけで、ゆっくりとあたたかい雰囲気の中で見送ることができるのも大きなメリットでしょう。ただし、家族葬に呼ばなかったことで、後々の対応に苦慮する場合もありますので、注意が必要ですね。親族から呼ばないことに対する説明を求められることもありますし、後から自宅に様々な方が次々に手を合わせに来られて、困ってしまうこともあります。従って、迷う場合は呼んでおいた方が良いことが多いですね。

線香

家族葬にかかる費用

家族葬の平均的な相場は約58万円程度といわれています。安いものは10万円台から、高いものは140万円程度までと、金額にはかなりの幅がありますね。葬儀費用の内訳は、施設や葬儀の施行にかかる費用と参列者へのおもてなし費用、そして、宗教者へのお礼などになります。祭壇などは豪華にすればするほど金額は上がります。葬儀は出費だけではなく、参列者からの香典や給付金など入るお金もあります。家族葬の場合は参列者が少ないので香典の額も少なく、それを考えると意外に負担が大きくなることも頭に入れておきましょう。葬儀の費用は複雑なので、打ち合わせの際は葬儀社に任せきりにせず、よく見積もりを確認しながら決めることが大切になります。

広告募集中