HOME>Utility>葬儀を執り行う前に確認すべきコト【葬儀の手順を把握しよう】

葬儀を執り行う前に確認すべきコト【葬儀の手順を把握しよう】

女性

亡くなってから葬儀までの準備の流れ

家族や配偶者が亡くなった時に、葬儀までの間に準備する段取りは、まず遺族に連絡して喪主を決めます。喪主は配偶者か、長男・長女、同居していた子供、近しい友人という優先順位で決めるのが基本です。喪主が決まると、葬儀社に連絡をして、病院と遺体の搬送先を知らせます。病院で死亡診断書を受け取り、役場へ死亡届を提出した後、遺体を受け入れ布団と枕飾りの準備をしますが、これは葬儀社が行なってくれるのが一般的です。住職に連絡をして枕経を依頼しましょう。葬儀の日程は、お通夜の日に具体的な打ち合わせを行います。

喪主として知っておきたい葬儀のマナー

ロウソク

訃報の伝え方のマナー

喪主が最初に行うのは、故人が亡くなった訃報を連絡することです。最初に菩提寺か教会など家の宗派に連絡し、家族や親族、故人や自分の勤め先、故人の親しい友人などに伝えます。伝える内容は、故人の名前から告げ、亡くなった日時、死因、自分の連絡先です。

お通夜から葬儀までのマナー

葬儀の進行は、葬儀社が段取りをしてくれるため、喪主は補佐役に徹するのが良いでしょう。葬儀に参列してくれた方々に挨拶をするのが、喪主の役割です。焼香の時には、一人一人にお礼の言葉を忘れてはいけません。お通夜に参列してくれた方に対しても同様です。

葬儀後と出棺後のマナー

葬儀の後、出棺前に遺族を代表して挨拶を行います。内容は主に、故人に関する説明や思いなどを語り、参列者の方に「今後とも故人同様のお付き合い、ご指導をお願いします」というような言葉が良いでしょう。出棺後、最後にお礼の言葉としての挨拶も行い、お斎の膳を勧めて終わりです。

広告募集中